工房MOMOの想い

三月三日のひなまつりは、正しくは上巳(じょうし・じょうみ)の節句と言われ、上巳はじょうみとも読まれ、本来は三月の最初の巳(み)の日という意味でしたが、かなり古い時代から3月3日に行われるようになりました。

古くは上巳の節句に、人の形を草木や紙でこしらえ、それで身体をなでて自分の厄を移し、水に流して祓いとしました。この時のなでものを「人形(ひとがた)」と呼びます。この「ひとがた」が、後世のひな人形の始まりではないかと考えられています。

平安時代、紙などで作った幼女の遊び相手の小さな人形は「ひいな」と呼ばれました。この「ひいな」と、上巳の節句に用いられた「ひとがた」とが、長い年月の間に融け合って、ひな人形が生れ、やがて家の中に飾り祀るようになりました。特に、江戸時代以降は、ひな人形・雛道具ともに豪華になり、雛飾りは女の子のあこがれの縮図となり、それを飾る上巳の節句は、華やかな「ひな祭り」へと発達しました。地方によっては、雛を川へ海へ流す「流し雛」の風習も残っています。

また、上巳の節句は、桃の節句とも呼ばれています。ちょうど旧暦の上巳のころに咲く桃には、邪気を祓う力があるとされ、好んで飾られました。桃は、はるか昔に中国から渡来した植物で、中国では、子孫繁栄をもたらす霊木とされ、その実を不老長寿の仙薬とする伝説もありました。

桃の節句が来るたびに、お母さんが作ってくれたちらし寿司の懐かしい味を思い出します。お雛さまには、産まれた赤ちゃんが健やかで優しい女性に育つようにと両親の願いが込められています。お雛さまがお守り代わりとなり、災いがふりかかりませんようにと、麗しく成長し、幸福な人生を送れますようにと温かい思いを込めて飾ります。お嬢さんたちの成長を祈る優雅な「女性のまつり」であると考えています。

注)(一社)日本人形協会HPより一部抜粋